2018年9月9日日曜日

124 Spider スロットル・コントローラー

今のほとんどの車はスロットル・バイ・ワイヤと言われるスロットル制御になっています。原理としては

アクセルペダルを踏む → センサーがアクセルの踏み込み量を検知 → ECU がスロットル開度を決定 → モーターが物理的にスロットルを開く

というもので、アクセルとスロットルがワイヤーで繋がっていた昭和の車に慣れている世代には電子制御の介在によるダイレクト感の無さがちょっと気になります。

そこで、アクセルペダルの入力に対するスロットルの反応を変化させることができるスロットル・コントローラーの登場です。
現在売られているスロットル・コントローラーの多くはスロットル制御をプラス・マイナス両側に変化させられるものと思います。プラス側だとスロットル・レスポンスは良くなるが燃費は悪くなる、マイナス側だとスロットル・レスポンスは悪くなるが燃費が良くなるといった設定が出来るようになっています。 またオートクルーズやブリッピング機能を付加できる製品もあるようです。


今回インストールしたのは PIVOT の 3-Drive Pro というもので、純粋なスロットル・コントローラーの機能しかないものですが、電源への配線が不要というのがメリットの製品です。
電源配線、面倒ですから...(笑)
取り付けは至って簡単です。
まずはアクセルペダルの根本にあるボルト2本 (10 mm) を外してユニットを取り外します。
当然といえば当然なのですが、アクセルペダルのユニットはMAZDA製です(笑)
右下にあるコネクターを外して車種別専用ハーネス (TH-2B) を割り込ませ、スロットル・コントローラーのユニットに繋ぎます。ユニットと配線は適当な位置に固定します。
コントローラーの設置場所は悩みましたが、とりあえずここに設置。走行中にはアクセル開度が表示されるのですが、ほとんど見えません(笑)







設定については「パワーモード (7段階)」「レスポンスモード (5段階)」「ECOモード (5段階)」「ノーマル」の4種類から選べますが、「パワーモード」はレスポンスがちょっと不自然なので却下、「ECOモード」はクラッチワークに相当気を使わないといけないので却下。「レスポンスモード」はメーカーもワイヤーに最も近い感覚と言っている通り割りと自然な感じなので、このモードの3〜5辺りの設定で使うことになりそうです。もう少し試行錯誤してみます。

124 Spider ショートアンテナ

皆さんS2000用などを流用されているようですが、124 Spider (や ND ロードスター)のアンテナ台座は直径が大きいので段差ができてしまうようです。

 そこで専用品を探していて見つけたのが Eurocompulsion で見つけた CRAVENSPEED STUBBY ANTENNA。上が純正で下が今回購入したショートアンテナ。シリコン製サクションパイプと同時に個人輸入しました。
スッキリしました(笑)
トランクを開ける際にアンテナを引っ掛けそうになったりしていましたが、これで解消です。ラジオの感度についても特に問題なさそうです。

2018年9月8日土曜日

124 Spider ダイレクトエアクリーナーに交換

 124 Spider のボンネット内はかなり地味です(笑)
それはさておき、ターボ車なので吸気系の最適化は必要かなと...
今回インストールしたのは Gruppe M のインダクションボックスEurocompulsion のシリコン製サクションパイプ
インダクションボックスはバラバラで届いたものを予め組み立ててあります。
いかにも空気の流れが悪そうなジャバラ状の純正サクションパイプを外します。
エアクリーナーボックスに入っているブローバイのホースを外します。 写真のように白と緑のクリップの隙間にマイナスドライバーを突っ込んでこじればロックが外れ簡単に抜くことができます。

エアクリーナーボックスにつながっているパイプ類がすべて外れたので左側の2箇所にあるクリップを外してボックスを開けます。
純正のエアクリーナーが見えました。買ったばかりなのでとっても綺麗ですね。
 シリコン製サクションパイプを取り付けます。
 純正エアクリーナーボックスの下側はそのまま利用します。その為、純正ボックスに流れてくるエアをそのまま利用できるんですね。
縁にスポンジのクッションテープを貼り付けます。
インダクションボックスは純正ボックス(下側) の上に載せて上側の蓋を止めていたクリップで固定。ブローバイホースをつなげて完成!
地味だったエンジンルームが少し華やかになりました(笑)
実際に走ってみると、ターボが効きはじめると「シュ〜」っていう吸気音と、アクセルオフ時にウエストゲートバルブの「シュパ〜」という開放音がはっきり聞こえるようになりました(笑)
音だけでなく、アクセルのレスポンスも良くなったと思います。


次は排気系の最適化かな。アバルト純正のレコルト・モンツァの排気音が好きではないので他のものを物色中ですが、なかなか気に入ったものが... ルーテシアの時に使っていたアクラポビッチが Abarth 124 Spider 用を作ってくれたらいいのになぁ


124 Spider ナンバープレート・ボルト


ナンバープレートのボルトを交換してみました。 白にするとスッキリするかなと...
ネジのトミモリというネジ屋さんが作っているらしいです。サイズは M6 × 20
スッキリしました!(笑)
ピン・トルクスなのでナンバープレートの盗難防止にもなる?

2018年7月22日日曜日

124 Spider 小物いろいろ

スターターボタン
ダイハツ純正が定番ですが、こちらは Amazon で購入したメーカー不明品。 アルミ製でそこそこ厚みがあります。
最初は貼付けに苦労しましたが、後になってセロテープを使って位置決めするとわりと簡単に貼り付けられることに気づきました(汗)
隙間ポケット
124 Spider はドアポケットすらなく収納スペースが極端に少ないのでそれを補うために導入。 2個で1,000円。 赤いステッチがインテリアとマッチしていて Good! ちょっとした物なら入ります。
スマホホルダー
エアコン吹出口につけるタイプの定番 EasyOneTouch mini。 縦にするとナビ画面とかぶるのと、取外す時に落下のおそれがあるので、横向きに装着できるようにセット。

2018年7月17日火曜日

124 Spider フロント ナンバープレート ローダウン

Abarth 124 Spider では定番のモディファイです。

ノーマル状態ではフロントのナンバープレートはバンパーの真ん中についているのですが、旧型 124 Spider へのオマージュでもある特徴的な6角形のフロントグリルのデザインを損ねています。




 フロントグリルの中は上段がラジエターで下段がインタークーラーなので、両方に均等に風が当たる位置ということでしょうか。
でも、かっこ悪いので、位置をさげちゃいます(笑)

面倒なので、納車時にディーラーにお願いしようと思いましたが、部品代と工賃で3万円近くの見積もりだったので、あっさり自分でやることに決定。

みんカラなどを参考に準備したのは、カーメイト LS401 (796円)とロブテックス エビ ちょっとナッター HNC06R (1,050円)



まずは、ナンバープレートを外します。
ノーマルのナンバープレートベースは3箇所アルミリベットで固定されています。


 4.5 mm のドリルでリベットの頭を取り除きます。
 リベットの頭をとばしたら、プレートベースを取り去ります。 単純に手前に引き抜くだけです。
 プレートベースを外すと、リベットの穴とは別に位置決め用(?) の穴が2箇所、合計5箇所に穴が空いています。
 新しいナンバープレートベースをあてて位置決めをします。
もともと開いていた穴が使えれば良いのですが、位置が合わないので新たな穴を開ける必要があります。
 今回使用したのは、みんカラで情報集めをして知った「エビちょっとナッター (M6ネジ用)
高価な工具を使わずにブラインドナットを設置できます。

今回用いたエビローレットナットの下穴サイズは 9.1 mm の指定でしたので 9 mm のドリルで下穴を開けます。
エビローレットナットを設置。
作業方法はメーカーのサイトに動画があるので参考にしてください。
ちょっと締めすぎて、エクボ状になってしまってます (汗)
カーメイト LS401 にはナンバー下側が当たるところ2箇所に予め両面テープが貼られていますが、少々心もとないので四隅と真ん中に両面テープを追加で貼っておきました。

 プレートベースにナンバーを重ねて、設置したエビローレットナットに共締めすれば完成です。
作業時間は約30分。
かかった費用はプレートベース、ちょっとナッター、下穴用の 9 mm ドリル歯で合計 3,000 円弱でした。
プレートの下半分は固定されておらずフリーなので、高速走行時に強度的な問題はないか?との不安が無きにしも非ずですが...
しばらく様子を見ます (笑)

2018年7月15日日曜日

Abarth 124 Spider

8年ぶりのイタリア車 (?)、Abarth 124 Spider が納車されました!

マツダ・ロードスターの兄弟車であり、広島で生産されるイタリア車という稀有な存在です。

カラーはホワイトやレッドが多いこの車では珍しいオプション設定の Hessen 1972 という、濃い目のブルーメタリックです。
落ち着いた大人な感じが、オヤジにはちょうど良いです(笑)

エンジンはイタリア製で最近のトレンドであるダウンサイジングターボ。 フィアット製 1.4L ガソリンエンジンにギャレット製ターボが実装され、最高出力170ps、最大トルク 25.5kgm を発生します。 さほどパワフルでもなく、洗練もされていないエンジンですが、約1.1t の比較的軽量なボディを引っ張るには十分な性能です。ターボ車なので ECU チューンとかすれば軽く200psは超えるのでしょうが、それはおいおい...

新しい車を買うと色々モディファイしたくなり、みんカラなどを貪るように見てはあれこれ妄想を膨らませますが、あまり大きく手を入れずに乗っていこうと思っています。

と言いつつ、納車当日に SAB でホイール交換 (笑)。 純正のホイールも悪くはないのですが軽快さに欠けるので好みではないです。 実際、一本約10 kg あるそうです。 交換したのは国産のアルミ鍛造軽量ホールの定番  RAYS Volk Racing ZE40  17 inch, 7.5J, inset 43, 重量は約6.9 kg 。 バネ下の軽量化としてはいい線いってると思います。 ホイール幅が0.5J 広がり、inset が 2 mm 小さくなってますが、ツライチどころか十分にホイールハウス内に収まってますので車検も問題ないかと思われます。 カラーはブロンズで、ブルーメタリックのボディ色との相性は抜群だと思います(自己満足です 笑)。

約7年ぶりのブログ更新でしたが、今後も車ネタに限らず日常のちょっとしたことをアップしていこうと思いますので、よろしくお付き合いください m(_ _)m